AgainWould」タグアーカイブ

キルスティン・ダンスト、『スパイダーマン』で再びメリー・ジェーンを演じたいと語る: '楽しそう’

キルスティン・ダンスト、『スパイダーマン』で再びメリー・ジェーンを演じたいと語る: '楽しそう'

キルスティン・ダンスト is open to joining the Marvel Cinematic Universe.

The three-time Golden Globe nominee, 39, 彼女は言った not opposed to reprising her role as Mary Jane Watson in an upcoming スパイダーマン movie during an interview with バラエティ. “私はそれをします. なぜだめですか? 楽しそう,” 彼女は言いました.

I would never say no to something like that,” ダンストが追加されました, 冗談を言う前に: “I’d be old MJ at this point with little Spidey babies.

Dunst starred opposite トビー・マグワイア as Peter Parker’s love interest in director Sam Raimi’s スパイダーマン (2002), スパイダーマン 2 (2004) と スパイダーマン 3 (2007).

アルフレッド・モリーナ reprising his role as Doc Ock から スパイダーマン 2 今後の スパイダーマン: ノーウェイホーム, there’s been plenty of fan speculation that Maguire, 46, and other previous stars from the franchise will make surprise cameos — including アンドリューガーフィールド, who took on the superhero role for 驚くべきスパイダーマン (2012) と 驚くべきスパイダーマン 2 (2014).

Spiderman

Spiderman
Tobey Maguire and Kirsten Dunst in 2002’s スパイダーマン
| クレジット: Columbia/Marvel/Kobal/Shutterstock

Although Dunst sounds happy to return to the franchise, she refuses to be known only for the role. She previously called out a fan who wrote on Twitter that she wasbest known for her role as Spiderman’s girlfriend.

“ツイッターとかあんまり見ない, 私は本当にソーシャルメディアの女の子ではありません,” 彼女は言った トーク NS 2019. “しかし、私はショーとすべてを探していました. 私も読んで、そっくりでした, 'うん, that’s pretty s—–.’ 私の言っていることが分かるよね?”

“ファンやみんなが集まって応援してくれたことを誇りに思いました. It was a very ignorant tweet and it was done probably very carelessly by a man,” ダンストが追加されました.

関連動画: サプライズ! Kirsten Dunst Is Pregnant with Baby No. 2, Debuts Growing Bump on W Magazine Cover

の 2019, ケイト・ボスワース 彼女が auditioned for the role of MJ. “I tanked it really, really badly,” 彼女は言った ライブで何が起こるかを見る, adding that Dunst was a “完全” デビッドの父親に初めて会ったとき.